Seminar


Seminar

【2017年度 保育環境セミナー開催のお知らせ】

◆第44回 2017年7月10日(月)・11日(火)・12日(水)
受付を終了いたしました。沢山のお申込みをありがとうございました。
キャンセル待ちをご希望の方はGT事務局(TEL:03-5909-7155)まで
ご連絡ください。


主催:保育環境研究所ギビングツリー
後援:カグヤ/世界文化社/アネビー/シーズ製品計画
保育環境セミナーを開催するにあたって
見守る保育と環境の提案
子どもたちに落ち着いた生活と生き生きとした活動を保障するにはどうすればいいのか。また、保育者がその子どもたちの活動を大らかに見守れるゆとりのある保育をどうすれば取り戻すことができるのか…。私が主宰するシンクタンク「保育環境研究所ギビングツリー」はこの課題に正面から取り組んできました。 大人が勝手に作った年齢別の一斉保育の常識を疑い、一人ひとりが主人公になるような保育を提案してきました。 これは、子どもたちが何かしたいと思ったときにそれがやれるように人的環境・物的環境として、どのように用意してやれるかということです。 そのような環境の中で、子どもが自発的に選ぶ機会を増やし、さまざまな関わり合いのなかで「自立」と「自律」を育もうというものです。このセミナーでは、このような保育を実現するための考え方、理念を中心にお伝えします。また、新しい保育を創造していくためのドイツ視察報告のほか、子どもの発達状況を的確に捉えるためのソフト「見守るほいく」の紹介も行います。 ギビングツリーが提案する、欧米各国では当たり前の保育の“かたち”に、触れてみてください。

代表 藤森平司 (新宿せいが子ども園 園長)
2017年度開催日程
詳細日程のお知らせです。

◆第44回 2017年7月10日(月)・11日(火)・12日(水)開催
会場:TKPガーデンシティ竹橋 定員:100名

◆第45回 2017年9月4日(月)・9月5日(火)・6日(水)開催
会場:TKPガーデンシティ竹橋 定員:100名

◆第46回 2017年10月16日(月)・17日(火)・18日(水)
会場:TKPガーデンシティ竹橋 定員:100名

タイムスケジュール
1日目
10:00~12:00 保育園見学
①新宿せいが子ども園 ②せいがの森こども園* ③省我保育園 ④甲ノ原保育園
⑤橋本りんご保育園* ⑥誠美保育園 ⑦新宿こだま保育園 ⑧新宿いるま保育園 ⑨さくらしんまち保育園 ⑩ 駒沢こだま保育園 ⑪栄町保育園 
※上記11園から1園をお選びください。
※園見学は1日目か3日目どちらかをお選びください。
「新宿せいが子ども園1日目」の見学は、混雑が予想されます。
初めて新宿せいが子ども園をご見学の方は、3日目の見学をお薦めいたします。
※見学園の都合により、先着順に見学園を決定いたします。
*「②せいがの森こども園」および「⑤橋本りんご保育園」の1日目見学開始時間は、
9:30となります。

園見学終了後、講演会場へ各自集合となります。
12:30~ 受付
13:30~ 基調講演 藤森平司「見守る保育と環境の創造」
今保育園・幼稚園は、家庭の中だけでは体験できない人との関わりを保障できる貴重な場です。それぞれの子どもの個性を見つめ、子どもたちが様々な他人との関わりの中で自立と自律を学ぶことを保障していくことが求められています。そのためには、子どもが自発的に活動できる環境を用意し、見守る保育が必要です。もう一度、子どもたちに沿った子どもが主人公になるような保育を考えます。
15:00~
17:00
見学園紹介紹介(見学園の中から)会員の活動報告
17:30~ 意見交換会(希望者のみ 別途5,250円)

2日目
9:00~ 実践園報告
全国で新しい保育への取り組みが始まっています。施設環境、定員規模、地域性など各園でのちがいの中から自園独自の取り組みを考えねばなりません。全国から集われた実践園皆さまの取り組み報告をぜひご参考にしてください。
10:30~ 見守る保育の5つのポイント
縦割り保育、異年齢保育、コーナー保育…ギビングツリーが提案している保育は、この言葉では言い表せません。私たちが常識だと思っていたことが、よくよく考えてみれば、いかに根拠のないことだったかがわかります。もう一度、子どもの視点で保育を見つめなおしてみましょう。
11:45~ 「ミマモリングソフトウェア」紹介
12:00~ 昼食(お弁当 希望者のみ 1,100円)
※会場周辺でのお食事も可能です。
13:00~ ドイツ保育環境視察ツアー報告
常に同年齢で一斉保育をしている国は、今や世界では稀になってきています。また知識を子どもに対して言われたままに行動させる保育は、今は世界で評価されません。世界で行なわれている保育をドイツから見てみましょう。
14:00~
16:00
Q&A(今回の保育環境セミナーまとめ)
ギビングツリー代表 藤森平司によるまとめ

3日目
10:00~ 保育園見学
①新宿せいが子ども園 ②せいがの森こども園 ③省我保育園 ④甲ノ原保育園
⑤橋本りんご保育園 ⑥誠美保育園 ⑦新宿こだま保育園 ⑧新宿いるま保育園  ⑨さくらしんまち保育園 ⑩ 駒沢こだま保育園 ⑪栄町保育園 
※上記11園から1園をお選びください。
※園見学は1日目か3日目どちらかをお選びください。
「新宿せいが子ども園1日目」の見学は、混雑が予想されます。
初めて新宿せいが子ども園をご見学の方は、3日目の見学をお薦めいたします。
※見学園の都合により、先着順に見学園を決定いたします。
12:00 保育園見学終了(各自解散)

見学園の紹介
新宿せいが子ども園
東京都新宿区の区立園民営化によって、平成19年4月に開園しました。地下1階地上4階のスタイリッシュな都市型保育園。0歳から8歳までの発達の連続性を保障し、子どもの主体性と社会性を育む保育環境が用意されています。

住所:〒161-0033 東京都新宿区下落合2-10-20
最寄り駅:JR山手線/高田馬場駅
せいがの森こども園
藤森代表が省我保育園の経験を生かし、平成9年4月に多摩ニュータウンに開園しました。子どもの自律性を育てるために、子ども同士の人間関係を大切にしています。また保育環境にビオトープや雨水利用、太陽光発電などの森の機能も大切にしています。

住所:〒192-0363 東京都八王子市別所1-73
最寄り駅:京王堀之内駅(園まで約1.2km)/南大沢駅(園まで約1km)
省我保育園
八王子駅から北へ約2キロ歩くと園舎があります。交通は激しいのですが、川や公園があり自然に恵まれています。開園当初は画期的な園舎でした。今も基本的な構造は変わりません。その伝統を守りながら、子どもの発達過程を理解し、保育環境をどのように構成していくか工夫をしています。

住所:〒192-0045 東京都八王子市大和田町7-6-17
最寄り駅:京王八王子駅(園まで約1km)/JR八王子駅(園まで約1.3km)

甲ノ原保育園
東京都の郊外の住宅地にある大型保育園。平成11年から異年齢児保育を始めました。地域に信頼を築いてきた伝統ある保育を一変させたため大変さはありましたが、今では見守る保育の実践を古い園舎を少しずつ改装しながら進めています。

住所:〒192-0015 東京都八王子市中野町2517-2
最寄り駅:西八王子駅(園まで約2.7km)/京王八王子駅(園まで約3.2km)

橋本りんご保育園
相模原市の民営化第1号として開園。平成21年に分園を併設する。東京や横浜のベッドタウンのため通勤時間も含め子どもの保育時間が長い。園長・主任以外は異年齢児保育も見守る保育も経験していない職員で一から始めました。まだまだ、成長過程の保育園です。

住所:〒239-1103 神奈川県相模原市橋本1-12-25
最寄り駅:京王相模線/JR横浜線橋本駅下車 徒歩5分

誠美保育園
地域の子ども、おとな、そしてスタッフ…ひとりひとりの毎日が大事にされて、みんなが心地よくなれる居場所を作っています。従来型の園舎、園庭などの保育環境をこの10余年で「子どもの都合」にリニューアルし、「ホンモノ」の感動を軸に、対話で繋がる保育を目指しています。

住所:〒192-0364 東京都八王子市南大沢5-12
最寄り駅:南大沢駅(園まで約1km)/多摩境駅(園まで約1.1km)

新宿こだま保育園
平成23年4月に新宿区私立認可保育園整備事業(民営化)により誕生した保育園です。新宿せいが保育園から徒歩20分の近隣にあり、一時保育・病後児保育を併設しています。同法人の児玉保育園で培った「見守る保育」を、新設園で実践しています。まだまだ、始まって間もない状況ですが、子どもたちの様子や「見守る保育」を当初より考えて設定した環境をご覧ください。

住所:〒161-0032 東京都新宿区中落合4丁目25-19
最寄り駅:都営大江戸線「落合南長崎駅」徒歩6分 

新宿いるま保育園
子ども一人ひとりの特性に応じ、発達の課題に配慮しながら、子どもが自発的、意欲的に関われるような環境を用意し、総合的な保育を展開します。「子どもの遊び=学び」と考え、子どもたちが自ら課題を見つけ選択し、子ども同士が関わりながら生きる力をはぐくむ保育が特徴です。

住所:〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1(国立国際医療研究センター内)
最寄り駅:東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩10分
さくらしんまち保育園
『楽しく美味しい給食』を方針の1つに掲げ、一人ひとりを大切にする食事環境作りを目指しています。園庭のない都市型保育園ならではの室内環境作りとチーム保育を大切にしています。書籍『さくらしんまち保育園の給食レシピ(メディアファクトリー刊)』も併せてご覧頂けると幸いです。

住所:〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-29-3
最寄り駅:東急田園都市線「桜新町駅」下車 徒歩9分

駒沢こだま保育園
待機児童対策として世田谷に開園した駒沢こだま保育園。都内特有のコンパクトな空間ながら、園のテーマである「じりつと協力」が自然に身につくよう工夫が保育環境の随所に取り入れられています。

住所:〒 154-0012 東京都世田谷区駒沢2丁目46-9
最寄り駅:東急田園都市線「駒沢大学駅」徒歩9分

栄町保育園
小規模保育園の良さを活かしたオープンスペースの環境で発達の連続性を保障しています。保育を通し、子ども・保育者・建物が共に育つ環境づくりを考え、見守る保育を通して表現にも力を入れています。

住所:〒173-0015 東京都板橋区栄町26番1号
最寄り駅:東武東上線「大山駅」徒歩7分



◆第44回 2017年7月10日(月)・11日(火)・12日(水)

◆第45回 2017年9月4日(月)・9月5日(火)・6日(水)

◆第46回 2017年10月16日(月)・17日(火)・18日(水)
ギビングツリー開催セミナー > 保育環境セミナー


<<前のページに戻る